受講者の声

菊池理絵子さん

エアライン講師、マナー講師

picture_section-04_04.png

VRM受講後、自分の中で起こったポジティブな変化についてお聞かせください

ビジョンを視覚化する。両親からは、やりたい事、なりたい姿は具体的にイメージできるまで強くする事と言われていました。今まで何となくその言葉が心に残っていて、なりたい自分を頭の中でイメージして行動をしてきました。しかし、実際にそれを目に見える形にした事はありませんでした。 藤野先生のVRMを受講し初めてビジョンを視覚化しました。視覚化する事でより自分が何をしたいのか、何をするべきか見つめ直す事ができました。エアライン講師になり大学で教えるというビジョンを目標にしましたが、両方の機会をいただけ、自分のやりたい事に一歩近づく事ができました。

​藤野先生はどのような方ですか

先生が授業の中でおっしゃっていた印象的な言葉があります。 大学生が就職ができない事を理由に、自ら命を絶ってしまうというお話です。 就職活動をする中で、企業から不採用通知をもらうたびに自らを否定されたと感じ命を絶ってしまうとおっしゃっていました。 現在エアライン講師として大学生をサポートさせていただいています。 エアライン業界に人生をかけている学生も多く、人生を預かる身として、正直重圧を感じる事もあります。 そんな時、藤野先生がなぜ大学生を教えていらっしゃるのか、話されていた事を思い出します。 教えるとは「人生を預かる」こと。その責任とは何かを教えていただきました。